『似合うのか心配』

f:id:jyurakusha:20180224174544j:plain

先日、古着屋で購入したジャケットです。こういう形をドリズラータイプというの

でしょうか。去年くらいからこのシンプルなルックスが気になっていました。デニム

では、ポロとかLLビーンくらいしか見ませんね。本当はポロの奴がほしかったんですが

いい状態とサイズと出会わないです。多分、探している人も多いかもしれません。

LLビーンのもかなりウォッシュがかかっていたり、身幅が広すぎたりと結構ベストな

物と出会えません。このタイプは1歩間違えると、集金のオジさんみたいに見えます。

最近は集金という仕事も減ったのか、見なくなりましたが。ほとんどワンウォッシュ

くらいの状態で見つけました。シルエットもタイト目です。ブランドはWALLSです。

最近WALLSに縁がありますね。ダウンジャケットも買ったので。アームホールがすごく

太いです。モモンガみたいです。少しだけ袖丈が短いのが難点です。サイズはMなんで

KIDSでしょうか。自分は手が長いのですが、アメリカ物で短いことは経験がないかも

しれません。デニムは80年代以降の縦落ちしない生地です。これはこれで好きです。

この時代はデニムの色落ちよりもシルエットが難点です。多分、上着のシルエットが

太いのが流行ったんでしょうね。これを着れるのは当分先ですが、いいのと出会い

ました。春はまだ遠いか。来たら来たで、一気に通り過ぎるんですけどね。

『まだまだシャツは』

f:id:jyurakusha:20180223211253j:plain

ここ数日は天気も良く、日差しも強くなってきたような気がしますね。真冬の上着では

暑く感じる時間帯もあって、いよいよ冬も終盤になってきました。薄めの上着とか

裏地なしのジージャン。まだ早いけどシャツも着たいです。お気に入りのヒッコリーも

着れる時期が短すぎて悲しいです。これも珍しいボタンダウンタイプです。ワークな

素材で紳士っぽい仕様なのがいいです。そしてタグは三角タイプ。Leeみたいでこれも

気に入っています。ヒッコリーのシャツは少ないし、あってもジップタイプが多くて

希少です。オーバーオールはまだ見かけますが、カバーオールとかペインターパンツも

発見したら欲しいところです。出来ればユーズドより新品。またはそれに近い状態の

物を探し続けています。まぁ、見ないですけど。これを着れるのは4月に入ってから

ですかね。5月半ばにはポロシャツなんで、短い時期が来るのが待ち遠しいです。

『左のポケットだけ』

f:id:jyurakusha:20180222171421j:plain

最近、ジーンズ以外のネタが多くてスイマセン。ちょっと春の予感すら感じています

今年の冬も寒かったので、このまま春に向かってほしいです。ウェアハウスの1105

ねじれとか出て、レプリカジーンズらしい雰囲気ですね。パッカリングもそこそこ出て

見どころもしっかり出来ています。XXタイプとは違う生地で細い縦落ちが期待できます

過去に66タイプを穿きましたが、結構糸が太くてXXみたいでした。ウェアハウスで

こんなに糸の細い生地はあったかな。毛羽も強くていい生地です。ですがシルエットは

中途半端な細さだったりします。同じ505タイプでもTCBのほうがシルエットは

好きです。これはテーパーが強すぎるように感じます。股上はこっちのほうが心地いい

深さです。何故か左のポケットだけ色落ちが進んでいるんですよね。洗濯をしていくと

わからないようになるでしょうが。もしも、洗濯を控えたりしたら変な色落ちになる

パターンです。まだそんなに穿いてないのに、こんな兆候が出るのは色が落ちやすい

生地なんでしょうね。細身なんで、夏にポロシャツに合わせると良さそうです。

『デトロイトジャケット』

f:id:jyurakusha:20180220213004j:plain

3年程、お休みしているカーハートのデトロイト

ジャケットです。デニムのほうを購入してから

ローテーションから外れました。このモデルが

好きです。カッコいいですよね。カーハートが

好きな方にはネームタグが皮なのはNGかも。

本当は皮じゃなくてプリントタグのほうがいいん

です。皮タグはウォッシュ加工が入ってるのが

マイナスポイントです。でもこの色はウォッシュ

タイプしかなかったので仕方なかったです。

それほどハードなウォッシュではなかった気が

します。これを着てた頃は第一次ダックブーム。

と言っても自分だけ。最近、またダックが気に

なりだしています。最近までは第一次ヒッコリー

ストライプブームでした。ダックもエイジングが

いいのと丈夫な素材です。これも生地はまだまだ

大丈夫ですが、裾の部分の縫製糸が切れて自分で

手縫いしています。これも裏地はブランケット。

そろそろ裏地なしの準備を。まだはやいか。

『結構な毛羽立ち』

f:id:jyurakusha:20180219210201j:plain

寒さも普通になってきましたね。ジーンズが苦がなく穿けるのがうれしいです。

ウェアハウスの1105。赤タブとポケットのステッチに安心感を感じます。あると

無いでは、顔でいうところの眉毛の有る無しくらい印象が変わりますね。画像の色が

イマイチですが、毛羽立ちが見えます。履いていると毛羽の長さはそんなに感じません

ポケット付近だけ色落ちが出始めています。このままだと色落ちのバランスが悪く

なりそうで心配です。毛羽に関してはTCBに比べて多いです。パッカリングもいい感じ

なので、ウェアハウスの総合力を感じます。同じ505タイプのモデルですが、かなり

雰囲気が違うように思えます。糸も細めな感じです。まだまだ穿き始めたばかりなので

このジーンズもこれからです。洗濯のペースが早いので、それなりに色落ちは早いと

思います。まぁ、自分のジーンズの本数が多いのでそれが問題です。

『1105』

f:id:jyurakusha:20180217132118j:plain

ちょっと暖かい気がします。なのに雪がちらついて。よくわからない天気です。これ

くらいの気温だとジーンズでも苦痛はないです。昨年に購入したウェアハウスの多分、

福袋モデル。今年も福袋モデルを手に入れたので、ちょっとマニアックなのが好きな

性格です。最初は自宅用として穿いていました。ローテーションの数が多いので。

このジーンズは普通の蛍光剤入りの洗剤で洗濯しています。入れる量は控えめですが。

蛍光剤の効果が出ていますね。白っぽいです。純石鹸とは明らかに色の出方に違いが

あります。純石鹸はこの軽さのあるブルーにならないので、好みが分かれるでしょう。

とにかくハードな雰囲気がいい人は純石鹸で。それよりもハードにするなら手洗いのみ

黄ばみが出たらセスキソーダにつけると落ちます。でもセルビッチのアタリは乾燥機を

使ったほうが出ます。それにしても懐かしいブルーのように感じます。何も考えずに

ガンガン洗濯してた頃のブルーです。たくさんジーンズを持っている人は1本くらいは

こんな色の出し方してるのがあってもいいでしょう。このままずっと蛍光剤入りで

洗濯するより純石鹸と交互とかにしたほうがいいかもしれません。ですが、これは

このままでいこうと思っています。普通のジーンズになるかな。ウェアハウスの実力を

試そうと思っています。

『WALLS』

f:id:jyurakusha:20180216170645j:plain

少し寒さも落ち着いた。と言っても十分寒いですけどね。もう春に向かってきても

いいんじゃないでしょうか。寒いのは飽きました。12月に買ったWALLSのダウン。

外側の素材が綿ポリとチープな素材ですが、案外扱いやすかったりします。なんの

遠慮もなく洗濯機に入れて大丈夫だし、乾きやすい。素材が強いので、乱暴に扱える

そして金額も安かった。ダウンの抜けも比較的、少ないです。ウェアハウスのダウンを

着た後は大変でした。あれはもうお蔵入りか。上着の下にジージャンを着るので、

結局は上着もアメリカ製だと合うんですよね。日本のブランドはアームホールが

細いので、アメリカ製のジージャンを中に着るのは無理がありました。冬の上着も

そろそろ飽きてきました。まだ1ヶ月はお世話になるでしょうね。春物出すにはまだ

気が早いでしょうか。最近着てなかったハンティングジャケットを着たいです。春は

まだか。あと何回かは寒気がくるでしょうけどね。