『501student』

f:id:jyurakusha:20190715211229j:plain

猛烈に忙しかったここ数ヶ月もやっとゴールを

迎えました。今年は気候も変なのか普通に戻った

だけなのか。ここ数年はもう真夏になっている

頃ですよね。今年は雨も多いので水不足の心配は

ないと言えそうですが、あまりにも九州に降って

気の毒です。501studentも結構馴染んできました。

色が薄いので、ブルーを大事にと思いながら

ガンガン洗濯していこうと思っています。この

時代のアメリカ製レギュラー物も好きなんです

よね。ヴィンテージとはまた違った良さがあるん

です。また通常のデニムライフに戻りますので

またお付き合いいただけるうれしいです。

『ウェアハウス1001』

f:id:jyurakusha:20190712082246j:plain

ここのところ更新が遅れの関係で画像が前後

します。ウェアハウスの1001です。革パッチには

1001XXの表記になっています。自宅で穿いてた

期間が長かったのですが、普通に育っていますね

糊落とし時にこのジーンズは熱湯に近い温度で

洗いました。熱いほうが糊が溶けて落ちやすい

かなと思ってました。ちなみに現在は洗濯機に

入れています。ジーンズ用のプラスチックの桶を

持っていて、手洗いや糊落としに使っています。

結果的に熱湯を使ったからといって、すごく糊が

落ちたという印象はなかったですね。革パッチが

縮んだり、黒ずんだり。失敗だったかも。少し

革パッチが割れてきています。今後どうなるか

楽しみでもあります。生地は少し硬めですね。

パリッとしたのが好きな方にはオススメですが

ウェアハウスは製造の時期によって生地に違いが

ありますよね。色んなパターンの生地を作って

試しているのでしょうか。ステッチの糸も色が

落ちてきたりこだわりの強さが出てくるのは

これからなんでしょうね。


『501student』

f:id:jyurakusha:20190711185632j:plain

久しぶりです。信じられないくらい自分の時間がなくて、正直ジーンズを意識する

こともできない状態です。もうすぐ、今週末を乗り越えるといつものリズムに戻れる

でしょう。ジーンズも現在501studentに変わっています。シルエットがいいですね。

フロントボタンの数が少なくて、股上が通常の501より浅いと思います。ある意味

今のジーンズのシルエットに近いんじゃないでしょうか。少しガニ股なように見え

ますね。色は薄いです。レプリカ系と比べて明らかに淡いです。ケバが強いので当分は

変化が期待できませんが、腰回りがタイトなせいかヒゲが出そうな雰囲気です。

生地の質感は本当に良くて、厚くもなく薄くもない。硬すぎず、柔らかすぎない。

世の中にそんなに注目されない時代のジーンズですが、ジーンズ好きな人にあらためて

穿いてもらいたいです。このモデルはタマ数が少ないけど、まだ普通の501だったら

入手できるチャンスはあると思います。ということで、この忙しい期間の相棒は

ストレスのないジーンズで乗り切れるかな。それでは次の出張先に向かいます。

 

『ウェアハウス1001』

f:id:jyurakusha:20190705100500j:plain

ここのところ忙しすぎて、更新が。もうすぐ

仕事が落ち着きそうなので、自分の生活リズムに

戻れそうです。今の相棒はウェアハウス1001です

自宅用からローテーションに昇格しています。

この品番で大戦モデルという変わり種なんです。

大戦モデルって1003じゃなかったのかな。パッと

見で区別がつくのがコインポケットのリベットが

無いこと。フロントがドーナツボタンなので

間違いないと。すごくアッサリしてるのであまり

インパクトがなかったのですが、色落ちが進んで

くると存在感が出てきました。濃いブルーが

重厚な雰囲気になっています。今の自分の好みと

違うけど、もっとエイジングが進むと黙らせ

られるでしょう。生地もストレスのないレベルの

厚さなので夏も穿けるでしょう。夏よ、まだ

来ないで。

『ウェアハウス1001』

f:id:jyurakusha:20190630070143j:plain

現在、名古屋に出張してます。ジーンズも今は

ウェアハウスに変わりました。すごい湿気で

強烈に不快な空気です。こうなると軽い生地の

ジーンズが恋しくなってきますね。この生地は

まだ大丈夫かな。そんなにストレスは感じて

ませんね。さすがにXXモデルと言ってもいい

雰囲気になりつつあります。色的にはもっと

淡いブルーが今の気分ですが、このモデルに

それを求めてはいけないでしょうね。蛍光剤入り

洗剤を使うのもアリかも。手持ちのジーンズの

全てを同じ傾向にするよりも、色んなパターンが

あるほうが飽きないと思うのでこのジーンズの

個性としてこのまま穿いていきたいと思います。

さぁ、仕事に向かいます。買い物に行きたいなぁ

『リゾルト』

f:id:jyurakusha:20190627182259j:plain

台風が来るみたいですね。湿気がハンパないです。体がベトベトで髪の毛グリングリン

そして気持ち悪い汗が出て、最悪です。男の大敵、それが湿気と言えるでしょう。

ゾルトも今日で最後です。10日もあっという間でした。これからの時期は汗を

かくので、10日の期間の途中で汗がたまるウエストなど水洗いをします。暑いので

朝までに乾いてくれるんですよね。7日周期に変えたらそんなことしないでいいかも。

711革パッチになっています。他の人が穿いてる日記ではパッチが縮んで最後は

とれたりしてましたが、そんなおいしい劣化をしてくれるのか。楽しみだったりします

このジーンズ、ステッチのピッチも幅広くてアメリカのミシンで縫われているのか。

または調整したミシンなのか。場所によってピッチが違いますよね。使い分けているの

でしょう。こだわっているようですが、どうもXX感は薄いんですよね。生地の雰囲気が

XXよりも赤耳時代くらいの感じと言ったら、怒られるでしょうか。生地感は好きですが

正直XXとは言えないです。710は66モチーフで生地はこれと同じだと思います。

どちらもリーバイスのモデルに当てはめるのは、無理があると言っていいんじゃない

でしょうか。と言ってもいいジーンズです。お気に入りになりそうです。

 

 

『リゾルト』

f:id:jyurakusha:20190622083803j:plain

暑いです。30度くらいは真夏の前段階みたいな

感じですが、しっかり暑いです。日本人はもはや

猛暑が当たり前になりつつありますね。インド

とか50度とかになってるらしいです。我々の

未来は病死より熱中症の可能性のほうが高いかも

しれませんね。今の相棒のリゾルト711。太もも

から裾にかけて、適度にゆとりがあってキレイな

ラインです。腰回りはフィットして、今どきの

ジーンズです。もっと野暮ったくてもいいの

ですが、シルエット重視のブランドなので文句は

言えないです。生地感といい大人なジーンズじゃ

ないでしょうか。フルカウントとはまた違う

穿き味ですが、このブランドのファンが多いのも

うなずけます。ブランドのコンセプトに反する

でしょうが、オーバーサイズを選んでもいいかも

いつか710で試してみたいです。