『フルカウント1101』

f:id:jyurakusha:20171122152153j:plain

寒くなってきましたね。思いの外このジーンズの記事が人気があって、このジーンズを

穿いています。フルカウントに興味がある人、多いんですね。意外です。ジンバブエ

コットンが独特なボロ布感が出るので、全体画像でもそれなりにいい雰囲気が出て

います。このジーンズ、数年の間お休みさせていました。当時のジーンズの穿き方が

今と違うので、色落ちも現在穿いているジーンズとは違うと思います。このジーンズの

時は糊落とし後に糊入れをしていました。薄めた洗濯糊であえてシワだらけにして

固める。そして部屋穿きで洗濯を我慢していました。生地を固めているので、スレる

ところはアタリの出るのが早いです。ただし、外に穿いて出ると内股とかスレて怪我を

する恐れがあります。結果的にヒゲとか出るのが早いような気がします。この時代は

耳をボンドで固める作業はしていないのですが、結構キレイに出てきています。結構

バランスのいい色落ちになっていますね。生地の風通しがいいので、そろそろ寒く

感じそうなので、今回の期間が終わったら春までお休みにするかもしれません。穿いて

いると楽ですし、ストレスも少ないのが最大の特徴です。裏地付きとか出ないかな。

 

『活躍します。』

f:id:jyurakusha:20171120175106j:plain

一気に寒くなりましたね。真冬の上着が必要になってきそうです。この時期はこの

マウンテンパーカーが大活躍します。内にウールが貼っているので、案外暖かいです。

素材はロクヨンクロスではありませんが、この時期はそんなに大雨とかないので

これでも問題ありません。ポケットも多くて頼りになるマウンテンパーカー。丈は

ロングに限ります。腰を覆うだけでも暖かさは違います。素材がナイロンなので、

ある程度、劣化は早いと思います。袖付近はスレの劣化も目立ってきました。そろそろ

次も探さないと。なかなか新品は出てこないし、キレイで状態のいいのも少ないんです

アウトドア用なので仕方ないですね。元々、ハードに使われているので。同じ色でも

ウールの色違いがあったり、これぞアメリカ服と言えるマウンテンパーカー。結構、

レディースのサイズ感のほうが日本人には合うかもしれません。レディースでも前の

合わせはメンズと同じのもあるので、細身の人はチェックしてもいいでしょう。。

マウンテンパーカー、オススメです。

『オイルドクロスもいいですよ』

f:id:jyurakusha:20171114203254j:plain

今週は寒くなるみたいですね。冬用の上着の準備もしないといけません。ランキング

ではウールのマッキーノジャケットの記事が人気になっています。デニム以外のネタも

受け入れてもらえてありがたいです。ウールのフィルソンもいいですが、その前に

オイルドクロスを楽しむ時期もあったりします。寒がりなので真冬は無理ですが、結構

風を凌いでくれるし、熱がこもります。インナー次第では真冬も。自分はウールの方を

着ますが。ただし生地の風合いやエイジングまで楽しめるのが、オイルドクロスの

いいところです。最初は生地がガチガチでした。その上、シルエットは肩の立体裁断も

なくT字の形です。フィルソンのマッキーノジャケットはポケットの数などデザインの

微妙な違いがあります。これは2ポケットです。とにかくカッコいいんです。かなり

昔のデザインですが、数年前に購入したものです。年によって販売してない時も

あると思いますが、オイルドクロスバージョンは珍しいかもしれません。お店で見て

飛びつきましたね。ウールの方も含めて、否定される事はありません。そんなに人から

褒められることもないでしょう。服なんですが、道具的要素もあっていい相棒になって

くれるでしょう。1番の問題は洗濯できない事です。ウールの方は何回も手洗いして

います。乾燥機に入れてないので、大きな縮みや型崩れもありません。これはオイルの

関係で洗剤を使えないし、お湯もNGかもしれません。水のシャワーオンリーで管理

してきましたが、表面の汚れが目立つ部分もあります。いい方法はないでしょうか。

オイルドクロス。テンション上がりますよ。馴染むまで時間と根性が必要ですが。

 

 

『長い縦落ち』

f:id:jyurakusha:20171110162806j:plain

ちょっと風邪気味です。健康なほうなのですが、調子が悪いと普段健康でいるのが

ありがたいです。TCBジーンズ、色落ちも進んできましたね。ローテーションで穿いて

いるので成果が出るのに時間がかかりますが、このジーンズは早い部類ですね。この

ジーンズ、乾燥機にかけた後はかなりのパッカリングが出ます。穿いているうちに

伸びてくるので心配していましたが、比較的に出てる部類になっています。縦落ちも

赤タブの横くらいに長めの線が出来ています。この時代のリーバイスは1本だけ長く

強い縦線が出るものが多くて、レプリカブランドでは以外に再現されてなかったり

します。雑誌でフラットヘッドの色落ちを見たことがありますが、このブランドは

長い縦落ちをしていました。雑誌の写真だったので、実際はどんな雰囲気か見てみたい

です。このジーンズも、もっと強く長いのが出てくれたらと期待しています。ムラ感は

XXに近そうな雰囲気です。なんで再現しないでしょうか。あの下品なくらいな長い

縦落ちを。まぁ、下品なんで再現してないんでしょうね。

『比較すると』

f:id:jyurakusha:20171109153952j:plain

TCBジーンズも色落ちが進んできました。このジーンズの生地感や色は完成度が高いと

思っています。自分の手持ちの中で唯一のリーバイスのビックEのジージャン。生地も

同じ防縮デニムということで、比較対象になると思って並べてみました。TCBのほうは

洗濯回数が多いのと色落ちが早いので、比べるのは今しかありません。1回くらい前の

洗濯時にすればよかったと正直、思っています。実際2つを並べてみて、色は本物の

ほうが赤味があります。TCBも色の表面を削ったような、カスれたブルーの雰囲気が

出ています。糸に関しては本物のほうが均一です。TCBはムラ感を出しています。

同じ時代のリーバイスでも工場の違いである程度、色落ちにばらつきがあると思うので

モチーフにした生地がムラ感があったのでしょうか。またはある程度、派手な縦落ちを

狙ったのでしょうか。完全に本物と同じ色落ちをするレプリカがあったとしたら、多分

物足りなく感じると思います。ステッチやボタン裏の刻印などのディテールがあるのと

ないのでは違いが出るでしょう。多分、あえて少し派手目に作ったと想像しています。

あとはこの時代の長い縦落ちが出てくれるのを期待しています。1本だけ強烈に出たり

そんな縦落ちするレプリカとはまだ出会ってないので。色落ちがはやいので、今後の

変化もはやそうなこのジーンズ。楽しみです。

 

『サイズ感』

f:id:jyurakusha:20171106200723j:plain

やっと天気が安定してきましたが、シャツだけでいい時期は終わったのか。なかった

ような気がします。色んな服を楽しめる貴重な時期になったので、カバーオールとか

活躍中です。ジーンズのほうも汗をかかなくなって、安心して穿けます。今日は現在

穿いているTCBジーンズのサイズ感の話にしようと思います。おおよそ31インチが

自分のジャストサイズですが、このジーンズは32インチです。505をモチーフに

しているこのモデル、股上はリーバイスより浅めに作っていると思われます。紙パッチ

自体もリーバイスより小さいです。股上を下げるために工夫しているのでしょうか。

結果的にウエスト位置を下げているので、穿いた感じはウエストの数字より小さく

感じます。32インチでウエストは丁度いい感じです。太ももから裾は世の中にある

505タイプの中では太いです。フィット感もさほどないので、ある意味リラックス

できるシルエットです。サイズを下げるとウエストがキツいので、ブランドの狙いが

このシルエットと言えるでしょう。全体的にクセがないので、ストレスも感じなくて

穿きやすいシルエットと言えます。いい意味で普通のシルエットです。

『急に青みが』

f:id:jyurakusha:20171104204604j:plain

急に気温が下がってきて、今日は服選びを間違えました。昨日はシャツにマウンテン

パーカーで暑かった。今日はシャツにカバーオールで寒かったです。現在TCBの505を

穿いています。購入時から黒っぽい色でしたが、ここにきて、急に青みを感じだして

います。独特の色の雰囲気です。ビックEのサードモデルのジージャンと生地の感じや

雰囲気が似ています。これから劇的に変化が出そうな予感です。パッカリングが

全体的に出てきています。この辺りはこのブランドの得意なところじゃないでしょうか

このジーンズの記事は人気があるので、このブランドの注目度がうかがえます。しかし

穿き込みサンプルなども少なくて、未知なブランドと言えるのではないでしょうか。

正直、これまでの岡山のジーンズブランドはダサいイメージが強かったです。変に

キャラクターとジーンズを融合させたり。最初から人気ブランドのマネというか、

アメリカの服を単純に日本人に合うサイズ感にしただけの志のない商品企画。ですが、

このブランドは本物のジーンズを作る志があると言えるでしょう。たくさんジーンズを

持っていますが、楽しみな1本です。