読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『変化が出にくいです』

f:id:jyurakusha:20170307133634j:plain

現在、家用にしている110周年501です。ビックE時代をモチーフにされている

1990年代の復刻モデルです。このモデルの評価は低いです。ですが、この生地が

自分は好きです。たたんで置いていると、ヴィンテージっぽい雰囲気です。とにかく

耳が弱い。アタリが出にくいという致命的な欠点があります。このブログを見てくれて

いる方は聞き飽きているでしょうけど、ちょっとした方法で欠点をクリアして色落ちの

いいジーンズに仕上がるかチャレンジしています。耳のアタリを優先するために最初に

3回程、濡らして脱水機、乾燥機に入れています。毛羽立ちが強いの特徴でリゾル

より毛羽が強いのでは。と思っています。アメリカ製のレギュラー501もかなりの

毛羽でもしかしたら、綿の素材は同じかもしれないと思っています。生産時期も同じ

なので、可能性はあると思います。染め色はこっちの方が濃いでしょう。国産レプリカ

メーカーに比べると薄いでしょうね。ですが、国産メーカーは濃いめに染めて色落ちが

はやいパターンが多いので、自分的にいいサジ加減のような気がします。毛羽が強い

ということでアタリは出にくいというか、変化を感じにくいです。見た目もノッペリ

ですね。でも潜在的なパッカリングは出てきています。インシームとかいい感じに

なってくれそうです。このエイジングの進行は他にないパターンです。人によっては

この段階で色落ちに疑問を持つかもしれません。シルエットも太くてカッコいいとは

言えませんが、自分の勘を信じたいと思っています。