読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『110year501』

リーバイス 110year 501

f:id:jyurakusha:20170228211414j:plain

家用で穿いている110周年501です。最近、記事にランキングがあることに

気づいたのですが、このジーンズの記事が上位になっています。気になる方が多いの

でしょうか。後ろからのシルエット、洗練されていないです。モモンガみたいです。

腰からももにかけてのゆとりが大きめです。太めのジーンズが流行った時はドレープ

とか言って、カッコいいとシルエットとされた時期もありました。生地の毛羽立ちが

すごくて、畳んで置いているとヴィンテージみたいです。初期のバレンシア製の復刻で

突き詰めていない部分も多いです。この時期はレギュラー501もアメリカで製造

していたので、毛羽感もこの時期のレギュラー501に近い気がします。色の濃度や

縦落ち感は劣りますが、アメリカ製のレギュラーはいいジーンズです。この数年は

ハマっていました。このジーンズは復刻としては劣りますが、レギュラーと並行した

時代の物なので何とも言えない本物感があります。正直、耳のアタリは良くないです。

最初にボンド加工をしました。耳のあたりを優先したので、最初に数回乾燥機にかけて

います。アメリカ製のレディース501に最初は3回洗って乾燥機に入れて縮める的な

図らしきものを見た記憶があります。最初に縮め切る。それがアメリカ人のやり方かも

しれません。色落ちのゴールデンタイムに連続で洗濯。勇気いりますね。実は自分この

モデルにこだわっています。いい色落ちするんじゃないかな。と。